Spice Girlsが復活! 現代音楽界に吹き込む70、80年代の風

Spice Girlsが復活! 現代音楽界に吹き込む70、80年代の風

スパイス・ガールズが復活!というニュースを聞いて、盛り上がった30代40代の方も多いことだろう。かつて一世を風靡するアイドルグループが来年の2019年に帰ってくるとアナウンスした。

スパイス・ガールズとは?

スパイス・ガールズとは、かつて世の男性たちを魅了したイギリスのポップアイドルグループである。

メンバーは

Melanie Brown (通称Scary Spice),

MEL B

Melanie Chisholm (通称Sporty Spice)

MEL C.jpg

Emma Bunton (通称Baby Spice)

EMMA

Geri Halliwell (通称Ginger Spice)

Geri.jpg

Victoria Beckham(通称Posh Spice)

BECKAM.jpg

この五人で構成されている。

どのくらい人気だったかというと、歴史上最もアルバムを売り上げた女性POPグループに選ばれたくらい、当時社会現象になっていた。

もし世代が違うので知らないという方もこの歌は知っているのではないでしょうか。

 

世界中、様々な番組で放送され、ストリームされ続けている名曲である。

そんなアイドルが復活するというのだから、全世界はこの話題で持ちきりである。

世のおじさん達も待ちわびたのではないだろうか?

今年の2月にデビットベッカムの妻であり、スパイスガールズのメンバーでもある、ヴィクトリアベッカムがインスタにこうあげていた。

View this post on Instagram

Love my girls!!! So many kisses!!! X Exciting x #friendshipneverends #girlpower

A post shared by Victoria Beckham (@victoriabeckham) on

メンバー全員が集まり、復活を示唆していたのだ。

 

spice-girls

この写真を見てもわかるように、ヴィクトリアベッカムの姿はない。

彼女は、自身のブランドを手がけており今回は都合により参加できないとのこと。

しかしインスタグラムの投稿を見てもわかるように、5人で集まっていることから、この先5人での活動を期待してもいいだろう。

そんなスパイスガールズのツアーは残念ながら、イギリスで行われアジアツアーの話は出ていないが、もし本格的に活動を再開するのだとしたら、今後行われることだろう。

 

現在の音楽シーンに復活した、70年代、80年代の風

70年代80年代といえば、音楽時代の最盛期で、現在活動しているアーティスト達が憧れている人たちが生きていた時代である。

ビートルズ、エリッククラプトン、クイーン… その他にも数えきれないレジェンド達が活躍した時代である。

過去から今に掛けて「ダンスミュージック」つまりシンセサイザーやPCを用いて作られた曲のジャンルが成長して、音楽のスタイルは変化してきた。

しかし近年、ブルーノマーズとマークロンソンのUp Town FunkやDaft PunkのGet Luckyなど、オールドファンクやディスコなどが人気になり、現代の音楽ジャンルのトレンドとなっている。

そしてこのオールドブームをさらに盛り上げたのが、2013年ポールマッカートニーの復活である。NEWという新曲をぶら下げて帰ってきたポールは、今や日本を含め全世界でツアーを行っている。

 

そして今月の9日にはQueenのフレディマーキュリーに焦点を当てた、ドキュメント映画ボヘミアンラプソディーが公開される。

ボヘミアン.jpg

70年を代表するバンドである、QUEENの成功と苦悩を描いたこの作品は、監督が8年以上もかけて製作し、QUEEN愛が詰まった映画になっており、あの時代に生きた方達は満足できる作品となっている。

そして今回のスパイスガールズの復活である。

今年に入って、勢いが止まらないオールドブームの加速は誰も止めることができないものとなっている。

最新の音楽テクノロジーを駆使して作曲するDJですら、最近オールドファンクやロック、ディスコをイメージした曲をリリースしており、若者達の間でもオールドブームが再来している。

古き良きものの認知が高まってきた昨今、スパイスガールズの復活は全世代を盛り上げる起爆剤になるだろう。

筆者は、古いものが淘汰されていく世の中で、古くてもいいものが残っていく音楽業界はやはり素晴らしい。

 

 

Newsカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。