The History of THE 1975 part2 /洋楽 おすすめアーティスト

The History of THE 1975 part2 /洋楽 おすすめアーティスト

前回はTHE 1975の結成から2013年のデビューアルバムまでを解説しました。

Part1をまだ見られてない方はこちら↓

THE History of THE 1975 Part1

今回は2013年以降から現在までの解説していこうと思います!

2013年にデビューアルバムをリリースして、UKのチャートでもヒット、UK中をツアーで駆け回った。

2013年にUKで大活躍をして、その話は世界中に広まって認知を高めた。

そしてよく年の2014年Coachellaというアメリカの音楽とアートフェスティバルで、初のアメリカ公演をすることになった。

Coachella

着々と世界に名が轟いていくようになり、同年の5月に自身の曲がデジタル配信されることになった。こうしてさらに広い地域で知られる手段を得ることになったのである。

そして2015年、ご存知の人も多いかもしれない。長い名前が特徴で、このアルバムがきっかけで日本での認知も増えたとも言える作品「I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful yet So Unaware of It」日本名 君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。

君の寝てる.jpg

このアルバムは世界中にTHE 1975の名前を知らしめることになった。

北米、ヨーロッパ、アジアでツアーを行うこととなり、世界の主要ラジオで放送されることなる。

このアルバムの発売前にBeats 1で3rdトラックのUGH!(薬を摂取した時のウグッと苦しむ意味)と10thトラックのSomebody Elseを演奏し、BBC Radioでは13thトラックでメインシングルのThe Soundが流された。全世界の期待を背負いリリース後、UKアルバムチャートとアメリカビルボードにTOP 200にランクインし、その実力を示した。

The SoundのMVに所々登場する英文が気になった方は、こちらで解説してますので是非ご覧ください。

MVに登場する英文の意味とは?

Music For Cars時代とは?

2016年から2017年にかけて、メンバーが3rdアルバムのリリースを示唆させる内容をTwitterに公開した。

そして2017年の4月に2ndアルバムはMusic For Carsに向けて、終わりに近づいているという内容でTweetした。こうして3rdアルバムはMusic For Carsという名前でリリースされるという情報が公開された。

しかしEPのリリースは遅れているとTweetし、代わりにリリースされることになったのが、デビューアルバムのライブ映像を録音したアルバムDH00278である。

https---images.genius.com-e04baa3550c947d75797642c5794774e.600x600x1

この変わった題名は諸説あるが、Dirty Hit 278thの略だと言われている。

Dirty Hitはイギリス大手のレーベル会社で、他のレーベルと契約が決まらなかったTHE 1975に声をかけた会社である。

2010年ごろ、英ロックは衰退しており、THE 1975のテクノロックというジャンルは世間から認められず、批判も多かった。そんな中彼らに声をかけたマネージャーは5番目のTHE 1975とメンバーからも親しまれており、彼らにとって大切なアルバムになったことは間違いないだろう。

同アルバムのライブ映像はこちら

その後も様々な3rdアルバムの告知はあったものの、リリースされることはなかった。

しかし2018年、ソーシャルメディアを通して、A Brief Inquiry Into OnlineRelationships

というポスターが発表された。

img-14267-812452.jpg
告知後すぐにGive Your Self Tryがリリースされた。

この曲はすぐに、Beats 1 Radioで放送され、そこで世界の皆が疑問に思っていたあのことを質問され、こう答えた。

Music For Carsはいつリリースされるのですかという問いに、

Music For Carsは僕らにとって、曲をリリースする1時代のことに過ぎないんだ

こう答えて、3rdアルバムはA Brief Inquiry Into Online Relationshipsだと確定させた。

11月30日のリリースに向けて、収録曲がYoutubeにアップロードされている。

個人的にこのアルバムは前作と比べて、強いメッセージ性と、音の重なりが美しいシンセ主体のアルバムになっていると感じる。

実はこのアルバムの他にも、同時進行でアルバムを製作中で、Notes on a Conditional Formというアルバムは来年の春にリリース予定である。

以上が現在までのTHE 1975の紹介である。この記事を通してTHE 1975の日本での知名度がさらにませば嬉しい限りである。

現在アルバムツアー中であるが、残念ながら日本では開催されない。

いつか日本でライブが観れることをとても楽しみにしている。


Part 1 Part 2に分かれた記事でしたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

今月末リリースのA Brief Inquiry Into Online Relationshipsに様々な特典がついたセットは、まだオンラインで予約が可能なので、まだ予約してないファンの方は是非どうぞ。

Album Pre Order

Alternativeカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。